引っ張り試験

2018年2月9日

材料非線形解析や樹脂流動解析では、材料情報は解析精度の観点で非常に大切です。ここでは、金属材料をテーマに引っ張り試験とその活用についてお話したいと思います。

昨秋ごろから、接触解析、板成形シミュレーション解析、破断面解析、樹脂流動解析、流体解析・・・沢山の仕事をいただいたこともあり、ここ数カ月はコラムの更新が滞ってしまいました。少し落ち着いてきましたので再開したいと思います。

早速ですが、思うような解が得られないという相談を良く受けます。様々な原因が想定出来ます。その一つに材料定数の取り扱いがあります。

延性破壊を伴う現象(例えば板成型における板の割れや、トリムにおける切断・破断・バリなど)のシミュレーションでは、単軸引っ張り試験で応力とひずみの関係を測定します。

塑性領域に至る解析では、単軸引っ張り試験結果と、そこからのカーブフィットが重要なポイントになります。ここがいい加減だと、解析結果の精度は期待できないことになります。

引っ張り試験結果をCSVフォーマットで解析ソフトに入力し、カーブフィット係数は解析ソフトが計算した推奨値をそのまま使う、、、そこはちょっと疑ってみてください。

150511引っ張り試験受託FASOTECでは、板成型シミュレーション解析、破断面解析、接触解析など、材料をお預かりして単軸引っ張り試験を行い、カーブフィット行うところからの解析をお受けしています。

引っ張り試験とカーブフィットは解析精度を左右する一つであり、そこにはノウハウがあります。改めて少し紹介したいと思います。