解析精度向上のための、材料試験と解析のあわせこみ

2018年2月9日

解析精度向上の為にやるべきことの一つである材料試験と解析の合わせこみについてお話します。

線形解析や大変形解析は、材料定数は線形領域になるので材料定数のカーブフィットについては気にされませんが、降伏点以降から破壊に至るまでの解析では、材料試験情報からのカーブフィットは解析精度の観点で大変重要です。

150618材料カーブフィット右の絵は、破壊領域に至るまでの解析を目的として、材料試験結果と解析結果とを重ね合わせたものです。応力ひずみ曲線が破壊に至るまで一致しています。このように材料定数のカーブフィットの精度を上げることが実モデルの解析をすることが良好な解析精度への近道です。

昨年来、トリム加工やピアス加工における破断面解析を多く依頼いただいています。軽量化を目的とした高強度材の利用や、新材料の利用検討が進んでいるといことです。目的は、製造パラメータによってダレ・バリ・破断面・切断面をコントロールすることにあります。また、金型寿命やメンテナンス性の向上をゴールにした依頼も含まれます。こういった依頼に対してCAEを適用するのですが、FASOTECでは材料試験結果と解析の合わせこみを行ったうえで、実モデルでの解析を行っています。これは、高精度に解析する上でのノウハウの一つです。道具とノウハウが、ご依頼にお答えすることに繋がっています。